建設業

業種一覧
建設業許可 とび・土工・コンクリート工事とは

とび・土工・コンクリート工事とは  建設業許可における「とび・土工・コンクリート工事」とは、①足場の組み立て、機械器具・建設資材等の重量物の運搬配置、鉄骨等の組み立て等を行う工事例・とび工事 ・ひき工事 ・足場仮設工事  […]

続きを読む
コラム
建設業における2024年「働き方改革」の問題点

働き方改革とは  2024年4月からいわゆる「働き方改革」と呼ばれる「時間外労働規制」をする法律が施行されます。時間外労働について原則「1ヶ月で45時間、1年で360時間以内」が限度となります。(労務関係については「弁護 […]

続きを読む
専任技術者の要件と証明方法
専任技術者の要件と証明方法

専任技術者とは 「専任技術者」とは許可を受けた営業所において、建設工事の請負契約を適正に締結したり、履行を確保する役割がある者です。 専門的な知識や経験に基づいて、注文者と契約や契約内容について交渉する役割を担い、基本的 […]

続きを読む
経営事項審査と入札参加資格審査
経営事項審査と入札参加資格審査

入札制度の流れ 公共工事は国民の税金で運営されているため、民間工事に比べてより適正な施工の確保の要請が強く、2つの条件が要求されています。 1つ目は、技術者や財産基盤、工事実績などに関して一定の基準を充たしていることです […]

続きを読む
変更届が必要なとき
変更届とは

建設業許可取得後に必要な手続き 建設業許可取得後、有効期間の5年ごとに「更新」が必要であることは別の記事で話しましたが、営業所の住所等一定の事項に変更が生じた場合にも手続きが必要となります。 この手続きに必要な書類を「変 […]

続きを読む
決算変更届とは
決算変更届とは

決算変更届とは 「決算変更届」とは毎年事業年度終了後に国や都道府県に提出が義務付けられている、1年間の決算の内容や工事内容を報告する届出です。 事業年度終了日から4か月以内に書類を作成して提出しなければなりません。 法人 […]

続きを読む
建設業許可を受けるための5つの要件
建設業許可を受けるための5つの要件

建設業許可受けるためには次の5つの要件を満たす必要があります。 要件1:経営業務の管理責任者がいること。 要件2:専任技術者が営業所ごとにいること。 要件3:誠実性があること。 要件4:財産的基礎または金銭的信用を有して […]

続きを読む
業種一覧
建設業法上の建設工事一覧(29業種)

「建設業許可とは何か」で説明した「建設工事一覧」のより詳細な表を載せます。申請しようとする会社や個人がどの工事の種類に該当するか確認しましょう。   建設工事の種類(建設業法別表)昭和46年制定 建設工事の内容(告示) […]

続きを読む
区分
区分③「新規」「更新」「業種追加」

新規 「新規」には3つの場合があります。 ①現在建設業許可を受けていない者が新たに申請する場合 ②現在建設業許可を受けている者が他の行政庁から新たに許可を受けようとする場合(許可換え新規) 大臣許可 → 知事許可 知事許 […]

続きを読む
区分
区分②一般建設業許可と特定建設業許可

一般と特定の区分 建設業許可は請負金額などにより、「一般建設業許可」と「特定建設業許可」に区分されます。それぞれ見ていきましょう。 ①一般建設業許可 建設工事を下請に出さない場合や、下請に出す場合でも1件の工事代金が4, […]

続きを読む